偏差値とは一体何?

偏差値とは一体何?

偏差値とは、得点を表わすものではなく、受験した人達の平均得点を母数にして、平均よりどれだけ優秀かということを示すものです。平均点ならば偏差値は50です。試験の結果が100点でも、100にはなりません。平均点が80点ならば、100点をとっても特別優秀だとは理解されません。入試の際には、偏差値を基準にして、志望大学を判断しますが、80などと言えば、東京大学レベルだと思ってください。試験の点数とは全く異なるものです。

塾・予備校をお探しの方はコチラをご覧ください。

偏差値はどのように計算される?

偏差値はどのように計算される?

偏差値は自分の成績でどの位置にいるのかを知るための指標です。高校や大学はこれでランク分けされており、模試などの結果で出た自分の偏差値と照合し、受験する学校を決める形が一般的になっています。正確な計算をするのは模試を受けた人すべての点数を知らなければならないので、難しいですが、簡単な方法としては50+(自分の点数-平均点)/2で求めることができます。誤差が出ても±2くらいですが、模試の結果には大抵偏差値が記載されているので、自分で計算する機会はあまりないと思います。

入試で偏差値が重視される理由

入試で偏差値が重視される理由

入試では、試験を行って、学生は試験の結果で合否が左右されます。そして自分が試験を突破するだけの学力があるか判断する基準となるのが偏差値なのです。偏差値が重視される理由がよくわからないという方もいるでしょう。ですが偏差値という基準があるからこそ、その基準に向かって勉強をして、自分の学力をあげることにつながります。基準がないと目標がないようなものですから、ゴールが見えにくくなってしまうという問題が出てきます。

模試の種類について

模試の種類について

大学受験で全国模擬試験を受験しようと考えている場合、その種類にも注目しておく必要があります。大きく分けて3種類あります。第一に、マーク模試です。これは、センター試験や私大の対策を目的としています。第二に、記述模試です。これは、国立大学や難関私大などの対策をしています。最後に、冠模試です。これは、特定の難関大学の対策のための模擬試験となっています。これらの目的を把握した上で、どの試験を受けるかを考えていきましょう。

偏差値50はどれぐらいのレベル?

偏差値50はどれぐらいのレベル?

偏差値50とは、その試験や模試を受けた人の平均点を取ったレベルです。つまり、受けた受験生のレベルによって変化します。その試験の受験生のレベルや、中学、高校、大学でも変わってきます。高校受験を受ける人が多いので、低学力学生から高学力学生まで受けるため、偏差値50は平均と言ってもかなり容易にとれるレベルです。中学や大学受験の場合は、それなりに勉強した学力の高い層が受けるので、平均でも勉強しないととれないレベルです。また、受験予備校や塾によっても、生徒のレベル差がでるので、エリート進学塾なら偏差値50でも難関私大合格可能レベルですが、一般的な学習塾なら60でも厳しいレベルです。